【就活】プログラミングテストの問題と対策|知っておくべき3つのこと

プログラミングスクール 転職

・プログラミングテストの内容が気になる
・就活のテスト対策が知りたい
・事前に確認しておきたいことはある?

管理人
現役エンジニアの管理人がプログラミングテストの対策を教えます

この記事では、就活で試されるプログラミングテストの対策方法をまとめています。

プログラミングテストが不安な方は、最後まで読んで対策を打ちましょう。

プログラミング学習サイト

【独学で選ぶ】プログラミング学習サイト10選|おすすめ言語と独学手順【無料あり】

2019年9月1日

就活で試されるプログラミングテスト

テックエキスパート

最近では多くの企業が就活でプログラミングテストを導入しています。

IT志望の学生は一度はテストを受けることになるでしょう。

プログラミングテストで企業がみているポイントは3つあります。

1. プログラミングの理解があるか
2. 論理的思考力があるか
3. エンジニアとしての適性があるか

テスト結果をもとに、選考の合否を決定します。

1. プログラミングの理解はあるか

プログラミングをどれだけ知っているか。

テストでは、あなたのプログラミングスキルを問われます。

自信がない方は、テスト前に事前学習をしておきましょう。

個人的におすすめするのは、テックアカデミーの無料体験です。

プログラミング教材が7日間無料で使えます。

Webサイトを作りながら、プログラミングの基礎を復習しましょう。

2. 論理的思考力はあるか

プログラミング技術と合わせて確認されるのが「論理的思考力」

問題に対してどのように解決策を測るのか。

論理的に課題を解決する力を問われます。

論理的思考力に関しては、対策が難しいですが対策本は世の中にあふれています。

以下の本は僕が実際に読んだものですが、論理的思考力が身に付く良本でした。

参考になればと思います。

>> 論理的思考力を鍛える33の思考実験

3. エンジニアとしての適性があるか

・プログラミングの理解がある
・論理的思考力がある

2点を満たせば、ほぼエンジニアの適性はあります。

とはいえ、コードの書き方1つでも人間性が出るものです。

自分のコードの癖は知っていますか?

最初はコードの書き方においても基礎に乗っ取るのが大切です。

基礎を忘れてしまった方は、テックアカデミーの無料体験で必ず復習しておきましょう

結論!プログラミングスクールを使えば就活は怖くない

プログラミングテストの対策には2つ方法があります。

1. しっかり復習して受験する
2. プログラミングスクールを利用する

プログラミングに自信があるかたは①を選んでいただいて構いません。基礎を復習して望めば、合格する確率はかなり高いでしょう。

しかしプログラミングに自信がない方はプログラミングスクールを利用する手段もあります。

プログラミングスクールは文字通りプログラミングを学ぶ学校です。

スクールを利用すれば、プログラミングが学べるだけでなく、テストが免除になったり、エスカレーター就職が可能になります。

ただし100,000円程度料金がかかってしまうので、就活のためにお金を支払える方におすすめします

とはいえ100,000円で有名企業に就職できるなら文句はないですね。

就職支援付きのプログラミングスクール

テックエキスパート 返金

就職支援付きのスクールを選ぶならテックエキスパートがおすすめです。

・教室でもオンラインでも通える
・新卒採用に対応している
・教材やメンターの評判が高い

就職支援と言えばテックエキスパートなので、候補の1つには入れておくと良いでしょう。

>> テックエキスパートの評判・口コミをみる

無料で出来るプログラミング対策

テックエキスパート

・就職活動にお金を使いたくない。
・プログラミングテストに合格すれば良い
・無料でプログラミングテストの対策がしたい

そんな方には、プログラミングスクールの無料体験がおすすめです。

無料体験では、プログラミングの基礎が学べるのはもちろん、プログラミング学習の仕方や就職活動の相談にも乗ってくれます。

多くの就活生が利用していますし、現役エンジニアと話せる貴重な機会になります。

無料体験なので料金は0円。

プログラミングテストの対策を無料で簡単にするなら、プログラミングスクールの無料体験がおすすめです。

以下のプログラミングスクールは、僕が実際に受けてよかった就活生向け無料体験です。

【就活】プログラミングテストの内容を公開

プログラミングテスト 就活

ここでは、実際に出題されたプログラミングテストをご紹介します

例題. 以下の関数を実装してください(言語指定はありません)

引数の文字列を数字に変換できなかったり、変換結果が0以下の場合は、”ERROR”という文字列を返す。

いかがですか?

プログラミングテストでは言語の指定はまずありません。

自分の得意な言語を1つ準備しておくとテスト合格がしやすいでしょう。

おすすめはPHPとRubyです(汎用性が高いため)

>> 不安なら無料体験で勉強する

【就活】プログラミングテストの対策は?

プログラミングテスト 対策

自分の得意な言語を1つマスターしましょう。

事前にプログラミングの基礎を固めておくことが大切です。

書籍や動画教材、スクールを利用して学びなおすのが1番手っ取り早いでしょう

【実践】プログラミングの問題を解く

実際にプログラミングテストの問題を解いてみるのも大切です。

なんども繰り返し練習することで、傾向と対策が掴めます。

プログラミングテストの問題はPaizaなんかが有名ですね。

受講しないと損する!おすすめ無料体験

メリット

プログラミングテストは1回落ちたら終了

テストにはやり直しが聞きません。

事前準備をすればするほど合格率があがるのは間違いないでしょう。

本当に不安なら、スクールの無料体験は利用しないと損します。

受講必須!テックアカデミーの無料体験

テックアカデミー ・7日間無料で学べる
・Webサイト開発を1から学べる
・HTML / CSSを最初から復習

Web開発の基礎復習ならテックアカデミーが1番です。

参考:テックアカデミーの無料体験を受けてみた

受講必須!CodeCampの無料体験

コードキャンプ

・無料でマンツーマンレッスン
・HTML / CSS / JavaScriptを復習
・直接質問・相談ができる

現役エンジニアに直接教えてもらうならCodeCampがおすすめ

参考:CodeCampの無料体験を受けてみた

無料体験をうまく使ってプログラミングテストに合格しよう

プログラミングテスト合格の秘訣は事前準備

プログラミングの基礎はもちろん、論理的思考力のトレーニングも忘れずに行いましょう。

あとは自信だけです。

自分は受かるんだという思いでテストに臨みましょう。

応援しています!

この記事を今すぐSNSでシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。