いま1番稼げるプログラミング言語おすすめランキング【2019最新版】稼げるプログラミング言語一覧

稼げるプログラミング言語ランキング
プログラミングスクールは増税前に!

10月1日からの増税により
スクール料金が大幅に上がることも!?

入会申し込みはお早めに!
>> おすすめスクールはこちら

「2019年1番稼げるプログラミング言語が知りたい」
「プログラミングで稼ぎたいけど、どの言語がおすすめなの?」
「稼ぐ人が使っているプログラミング言語はなに?」

プログラミングを学ぶ前に決めなければいけない「プログラミング言語」

これからプログラミングを学ぶなら 稼げるプログラミング言語 が良いですよね?500時間プログラミングを勉強したけど「全く稼げないプログラミング言語だった。」なんて失敗は絶対にしたくないはず。あらかじめ稼げるプログラミング言語を知っておくことは大切です。

一般的に「 稼げるプログラミング言語=年収が高いプログラミング言語 」ですが、選ぶときに重要視するべきなのは「稼ぎ続けることができるか」です。2019年で1番稼げるプログラミング言語は、10年後も1番稼げるプログラミング言語とは限りません。大事なのは、3年後5年後に1番主流になっているプログラミング言語、つまり長期的に稼げるプログラミング言語を選ぶことです。

この記事では、2019年現在1番稼げるプログラミング言語だけでなく、将来的に稼ぎ続けることができるプログラミング言語は何かという部分まで言及してまとめています。稼げるプログラミング言語を選びたい人は是非参考にしてください。

3分程度で読み終わります。それでは参りましょう!

【副業で稼ぐ】プログラミング初心者が副業で月10万円稼ぐ方法|未経験でも稼げる案件はある?

2019.09.01

知らないと損する:稼げるプログラミング言語の選び方

稼げるプログラミング言語の選び方

稼げるプログラミング言語TOP10 をご紹介する前に、プログラミング言語選びで失敗しないためのアドバイス。これからプログラミングを勉強する際に何に注意してプログラミング言語を選べば良いかを説明します。すぐに稼げるプログラミング言語が知りたい方はこちら( 稼げるプログラミング言語TOP10 までジャンプする )をクリックしてください。

稼げるプログラミング言語は【需要が高い】

 

稼げるプログラミング言語は需要が高く、企業の求人が多いです。当たり前ですが、求人が多いプログラミング言語は、世の中に書けるエンジニアが少ないことを意味しています。つまり、学べば簡単に就職できる=稼げるプログラミング言語だと言えます。2019年現在最も求人が多いプログラミング言語は【JAVA言語】と言われています。(doda 調べ)

 

稼げるプログラミング言語は【年収が高い】

 

当たり前ですが、稼げるプログラミング言語は年収が高いです。年収の高さは求人の多さに必ずしも比例しません。求人は少なくとも専門的なプログラミング言語であれば、特定の企業が欲しいと唸り年収は高く提示されます。稼げるプログラミング言語を探す上で企業の年収情報は欠かせません。2019年現在最も年収が高いプログラミング言語は【GO言語】と言われています。(求人検索エンジン「スタンバイ」調べ)

 

稼げるプログラミング言語は【シェアが高い】

 

最後に稼げるプログラミング言語は利用シェアが高いですシェアとは、そのプログラミング言語が利用されているWEBサービスが多いことを意味します。世の中のWEBサービスの中でそのプログラミング言語が何%利用されているかで決まります。求人や年収と違い、利用シェアはあくまでも目安ですが稼げるプログラミング言語の参考値になるでしょう。2019年1番シェアが高いプログラミング言語は【JavaScript】と言われています(スタックオーバーフロー 調べ)

 

プログラミング言語年収ランキング【2019年】稼げるプログラミング言語TOP10

プログラミング言語年収ランキング

それでは2019年いま1番稼げるプログラミング言語TOP10をご紹介します。今回は求人検索システム「スタンバイ」のプログラミング言語年収ランキングを参考に稼げるプログラミング言語をランキング化しました。稼げるプログラミング言語を選ぶ際の基準にしていただけると幸いです。

ランキング年収中央値最大提示年収求人数
1Go600万1,600万2,202
2Scala600万1,300万1,489
3Python575万1,499万9,344
4Kotlin575万1,200万961
5TypeScript575万1,200万667
6R575万1,000万220
7Ruby550万1,200万11,676
8Swift550万1,200万3,353
9Perl525万1,200万4,509
10C525万1,000万9,347

第1位:Go

おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️・

Go言語はGoogleが2009年に開発した新しいプログラミング言語です。シンプルな構文で記述しやすいプログラミング言語のため最近人気が急上昇しています。残念ながら日本ではGo言語を導入しているWebサービスはまだまだ少ない印象です。そのためGo言語を学ぶための参考書やプログラミングスクールも数少ないです。稼げるプログラミング言語ですが、学ぶ環境が揃っていないのが残念なポイントです。

Go言語が使われているサービス

  • DropBox
  • はてな(一部)
  • メルカリ(一部)
  • Gunosy(一部)

第2位:Scala

おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️・

Scalaはオブジェクト思考と関数型プログラミングの両方が使えるプログラミング言語です。初心者の方は万能なプログラミング言語だと覚えておきましょう。2019年現在、Scalaを採用する企業は増えていますが、Scalaエンジニアはまだまだ少ないです。平均年収ランキングでは常に上位のScalaですが、Go言語同様学ぶ環境が充実していないのが残念なポイント。1番最初に選ぶプログラミング言語にはおすすめしません。

Scalaを採用している企業

  • ドワンゴ(ニコニコ生放送)
  • チャットワーク
  • ビズリーチ
  • GREE(グリー)

第3位:Python

おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

Pythonは、今エンジニア界隈で人気のプログラミング言語です。文法がシンプルでコードが読みやすい、少ないコード量で簡単にプログラムが書けることから初心者に愛されています。今話題の人工知能やWeb開発など幅広い分野で利用されており、プログラミング言語の人気ランキングでは常に上位にランクインする優れものです。ぶっちゃけ初心者がプログラミングを学ぶなら2019年1番おすすめのプログラミング言語です!

Pythonを使っているWebサービス

  • Youtube
  • instagram
  • Dorpbox

【無料あり】Pythonが学べるおすすめプログラミングスクール4選【オンライン対応】

2019.03.10

第4位:Kotlin

おすすめ度:⭐️⭐️⭐️・・

Kotlin(コトリン)は、一言で言うとJava言語をめちゃくちゃ簡潔にしたプログラミング言語です。Java言語と言えば今1番求人の多いプログラミング言語でした。そのJavaを簡潔にした言語なので現在かなり注目されています。Java言語を学ぶならKotlinを選んだ方が長期的に見て賢いです。とは言えJava言語に比べて情報が少ないので初心者が1番最初に選ぶ言語にはおすすめしません。

Kotlinを使っているWebサービス

  • Yahoo!
  • LINE
  • Retty

第5位:TypeScript

おすすめ度:⭐️⭐️⭐️・・

TypeScriptとは、JavaScriptの進化版プログラミング言語です。利用シェアNo.1のJavaScriptを拡張して作られた言語で、2017年にはGoogle社内の標準開発言語としてTypeScriptが承認されました。正直日本ではなかなかTypeScriptの案件は見つかりません、初心者が手を出す言語としてはおすすめしません。慣れてきたら使ってみたい言語ですね。

第6位:R言語

おすすめ度:⭐️⭐️⭐️・・

R言語は、統計解析向けのプログラミング言語です。開発エンジニアを目指す方にはおすすめしない言語です。主に分析や解析の用途で使われることが多く、最近では機械学習にも利用範囲が広がっています。とはいえ機械学習は【Python】の方がおすすめですし、R言語を使うエンジニア業務はまだまだ少ないです(データ分析・解析業務に多い印象です)初心者がR言語から学ぶのはやめましょう。

第7位:Ruby

おすすめ度:⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

Rubyは筆者が1番大好きなプログラミング言語。2019年初心者でも稼げるプログラミング言語です。日本人が開発したプログラミング言語なので日本語との相性が非常に良く、構文もシンプルで使いやすさは万能、さらに学習環境も広く整っているので1番習得しやすいプログラミング言語とも言えるでしょう。Rubyを採用する日本企業が多いので、就職や転職にも抜擢。さらに年収が高いプログラミング言語ランキングでも【第7位】と好成績!学んで損はないプログラミング言語です。

Rubyを使っているWebサービス

  • クックパッド
  • 食べログ
  • Airbnb
  • Twitter

【2019年更新】PHPとRubyを比較|今から学ぶならどっちがおすすめ?

2019.03.10

Rubyプログラミングスクール6社比較!無料をおすすめしない3つの理由

2018.12.16

第8位:Swift

おすすめ度:⭐️⭐️⭐️・・

Swiftは、2014年にAppleが開発した比較的新しいプログラミング言語です。シンプルな構文で初心者にも使いやすく筆者もリリース当初から触っています。Swift言語で出来ることはiPhoneアプリの開発、ズバリSwiftさえ使えればどんなiPhoneアプリでも作れます。一方でiPhoneアプリ以外の利用範囲が少ないのでかなり特化した技術にはなりますが、需要も高く稼げるプログラミング言語の位置付けにいます。iPhoneアプリを作ってみたい人にはおすすめです。

iPhoneアプリ開発スクールTOP4|Swiftが学べるプログラミングスクール

2019.03.03

第9位:Perl

おすすめ度:⭐️⭐️・・・・

Perl は長い歴史を持つエンジニアなら誰でも知っているプログラミング言語です。テキスト処理に優れたスクリプト言語ではありますが、現在はPythonやRubyに変わっているため徐々に人気は下がっています。今から学ぶプログラミング言語としてはおすすめしません。

第10位:C言語

おすすめ度:⭐️・・・・

C言語とはプログラミング言語の祖とも言える昔ながらの言語です。2019年現在WebサービスにC言語を使っている企業はほとんどおらず今から始めるのは絶対におすすめしないプログラミング言語です。年収が高い理由には、逆に使えるエンジニアが減ってきている背景がありそうです。

初心者におすすめ!これから稼げるプログラミング言語おすすめTOP3

初心者 稼げるプログラミング言語

先ほどは【年収の高いプログラミング言語】から考える稼げるプログラミング言語ランキングでした。しかし最初にも話した通り2019年1番稼げるプログラミング言語が3年後5年後、1番稼げるとは限りません。

ここからは【現役エンジニアが推測する】2019年以降稼げるプログラミング言語TOP3をおすすめ順にご紹介します。あくまで僕個人の推測ですが、将来を見据えてプログラミング言語を選びたい人は参考にしてください。

第1位:Ruby

第1位に選んだ理由

利用範囲が広い:初心者が学びやすくこれからも稼げるプログラミング言語だから。

初心者におすすめ【稼げるプログラミング言語ランキング】第1位は「Ruby」です。数年前からRubyを使う日本企業が増えている中、まだまだRubyエンジニアは足りていません。利用範囲が広く、はじめてのプログラミング言語としても選んで間違いない言語。参考書も多く、多くのプログラミングスクールでもRubyを教えています。今後も長きに渡り、稼げるプログラミング言語になるでしょう。

Rubyプログラミングスクール6社比較!無料をおすすめしない3つの理由

2018.12.16

第2位:Python

第2位に選んだ理由

初心者向け:機械学習など高度なプログラミングにも応用が効く。今後も伸び続ける言語だから。

構文がシンプルで学びやすい【稼げるプログラミング言語ランキング】第2位は「Python」です。とにかく少ないコード量で簡単にプログラムが書ける上にPythonで出来ることは無限にあります。特に機械学習や人工知能といった最新技術もPythonでは扱えるので今後の市場の伸びとも相性がいいプログラミング言語です。Rubyと並んで第1位と言って良いほどおすすめです。

【無料あり】Pythonが学べるおすすめプログラミングスクール4選【オンライン対応】

2019.03.10

第3位:Swift

第3位に選んだ理由

アプリ開発に特化:サービスのアプリ化に必要なプログラミング言語だから。

IPhoneアプリ開発に特化【稼げるプログラミング言語ランキング】第3位は「Swift」です。ここは大胆な選択をしました。Swift言語はiPhoneアプリにしか対応していませんが、初心者にも学びやすくプログラミングの基礎も定着します。iPhoneアプリの求人や案件は絶えず増えていますし、平均年収も高くなっています。アプリ開発に特化したエンジニアとしてはまだまだ稼げる予感。iPhoneアプリを作ってみたい人におすすめです。

iPhoneアプリ開発スクールTOP4|Swiftが学べるプログラミングスクール

2019.03.03

まずは無料から:稼げるプログラミング言語を学んでみよう。

稼げるプログラミング言語

さて今回は【稼げるプログラミング言語おすすめランキングTOP10】をご紹介してきましたが、いかがでしたか?これからプログラミングを学ぶなら【稼げるプログラミング言語】に手を出すのが賢い選択です。しかし初心者には初心者のおすすめプログラミング言語がありますので「勉強しやすい×稼ぎやすい」Ruby、Python、swift から選ぶことをおすすめします。

最後に「プログラミング言語を決めたけど、どうやって勉強しよう」という方に向けて、無料で学べるプログラミングスクールを3つご紹介します。どのスクールも無料体験を使って簡単にプログラミングが学べるので、是非使ってみてください!おすすめです

1:TechAcadmy(テックアカデミー)

はじめてのプログラミングコース

当サイト人気No.1のプログラミングスクール。オンライン受講で気軽に勉強できるのが特徴。専属講師がメンターになってくれるので詰まった時はいつでも相談できます。1週間の無料体験コースでは、無料でプログラミングの基礎を学べます。期間が決まっているので早めに登録しておきましょう

【ガチ評価】TechAcademy(テックアカデミー)の評判は最悪?徹底的に使って分かった本当の評価

2019.08.01

>> TechAcademy(テックアカデミー)の公式サイトをチェックする

 

2:CodeCamp(コードキャンプ)

CodeCamp(コードキャンプ)

同じくオンラインで学べるプログラミングスクールです。大きな特徴は現役エンジニアがビデオ通話で直接プログラミングを教えてくれます。TechAcademy(テックアカデミー)同様、無料で1回分の授業を体験できます。

CodeCamp(コードキャンプ)を体験受講して分かった本音評価!TechAcademy(テックアカデミー)と完全比較

2019.01.09

>> CodeCamp(コードキャンプ)の公式サイトをチェックする

 

3:TECH::CAMP(テックキャンプ)

テックキャンプ 教室

オンラインではなく直接プログラミングを学んでみたい人は、テックキャンプの無料体験会がおすすめです。プログラミングの勉強方法から簡単なプログラミングレッスンが無料で受講できます。友達との参加もできるので空いた時間に行ってみましょう

【2019最新】テックキャンプの評判・口コミは?体験レポートと感想まとめ

2019.01.12

>> TECH::CAMP(テックキャンプ)の公式サイトをチェック

 

最後に:稼げるプログラミング言語を選んで一流エンジニアを目指そう。

 

稼げるプログラミング言語を1日でも早くマスターするなら、独学よりもプログラミングスクールに通うことをおすすめします。プログラミング業界は移り変わりが激しく成長が遅れることが命取り。「プログラミングスクールはまだ早い」と考えている人でも、無料体験からどのようなことを学んでいくのかイメージを持っておきましょう。

当サイトおすすめのプログラミングスクールは、以下の記事に詳しくまとめていますので選ぶ際の参考にしてみてください。それではまた。

【2019最新版】おすすめプログラミングスクールを徹底比較!ランキングと選び方のすべて

 

▼独学で勉強したい人はこちら

【独学で選ぶ】プログラミング学習サイト10選|おすすめ言語と独学手順【無料あり】

2019.09.01

 

この記事を今すぐSNSでシェアする