海外就職におすすめのプログラミングスクール5選|必要な言語やスキルセットをご紹介

プログラミングスクール 海外就職

プログラミングを使うことで海外就職ができることを知り、いろいろと調べているものの、

「海外就職をするための具体的な方法って?」
「海外のプログラミングではどんな言語が使えればいいの?」

などの疑問が出てきてしまいますよね。

そこで今回は、

  • プログラミングを学んで海外就職する方法
  • 海外就職に強いプログラミングスクールの選び方
  • プログラミング留学におすすめの国

などをわかりやすく紹介・解説していきますよ。

プログラミングを使って海外就職をすることでエンジニアとしての仕事の幅がグッと広がるので、ぜひこの記事を最後まで読んで海外就職に役立ててみてくださいね。

プログラミングを学んで海外就職する方法は2つある

プログラミング学習サイト

そもそもプログラミングを学んで海外就職する方法は、

・日本で学んで、海外就職する
・海外で学んで、海外就職する

の2パターンがあるんです。

これらにはそれぞれメリット・デメリットがあるので、詳しく紹介していきますよ。

プログラミングを学んで海外就職する方法

  1. 日本で学んで、海外就職する
    • メリット:料金が抑えられる
    • デメリット:英語の勉強が別途必要
  2. 海外で学んで、海外就職する
    • メリット:英語も一緒に勉強できる
    • デメリット:覚える量が増えて負担が大きい

日本で学んで、海外就職する

日本でプログラミングを学んでから海外就職をする方法をとった場合は、まずは何といっても「料金を抑えられる」というメリットがあります。

というのも、海外へIT留学しながらプログラミングを学ぶとなると1月あたり150,000円程度かかることが多いことに対し、日本のプログラミングスクールは1月あたり平均100.000円前後で受講することができるため。

海外就職までにはできるだけお金を貯めておきたい方も多いと思うので、料金の安さは大事なポイントですよね。

しかし反対にデメリットとしては、「プログラミングとは別に英語の勉強が必要」といったことがあります。

海外就職するともちろん言語も変わり、日本語は通じないことがほとんど。

そのため、日本でプログラミングの勉強をするとなると英語の勉強を別にしなくてはいけないんです。

海外で学んで、海外就職する

海外でプログラミングを学んで、そのまま海外就職をする方法をとった場合は、「英語も一緒に学ぶことができる」ことが最大のメリット。

しかしプログラミングと英語を一緒に学ぶということは、その分覚えることが多くなり負担も大きくなってしまうので、デメリットとして捉えることもできますよね。

これに関しては記事下部「海外就職するのに、IT留学は必須なのか?」で詳しく解説しているので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

海外就職に強いプログラミングスクールの選び方

プログラミング 独学 言語

プログラミングを使って海外就職を目指している場合は、スクール選びも重要です。

そこでこの章では、海外就職に強いプログラミングスクールの選び方を2つのポイントに分けてご紹介していきます。

海外就職に強いプログラミングスクールの選び方

  1. 海外人気のプログラミング言語を選ぶ
    1. javaScript
    2. Python
    3. Java
  2. 英語が不安なら、英語も学べる海外スクールを選ぶ

海外人気のプログラミング言語を学ぶ

まず1つ目のポイントは、「海外で人気のプログラム言語を学ぶ」こと。

というのもプログラム言語は全世界で共通なので、案件が多く安定して仕事をするためには人気の言語を学ぶ必要があるため。

なので、海外就職を目的をしている方は海外で人気の言語を学ぶことができるスクールを選ぶことが大事ですよ。

そんな海外で人気の言語は大きく以下の3つです。

  1. JavaScript
  2. Python
  3. Java

javaScript

「javaScript」は、世界で一番需要がある言語と言われており、現在インターネット上で公開されているサイトの9割以上がこのjavaScriptを使用しているんです。

またjavaScriptはできることや作れるものが多いことも特徴で、

・ポップアップウィンドウ
・カウントダウン
・チャートなどの動くグラフ

といったよく見る動きもjavaScriptによって作られていますよ。

Python

「Python」は近年急成長を見せているプログラム言語で、とくにAI開発に使われることが多く、将来性が高い言語といえます。

PythonでできるAI開発といえば、

・ディープラーニング
・マシンラーニング

などがあるので、AI分野に興味がある方はPythonを学ぶのがおすすめですよ。

Java

Javaとは200種類以上あるプログラム言語の中で昔からよく使われてきた言語で、応用力が高く、どんな環境でも使える言語であることが最大の特徴です。

そんなJavaが使われている身近な例では、

・androidアプリ
・銀行などのATM

などがありますよ。

またJavaとjavaScriptは名前は似ていますが、内容は全く別の言語のため「一方を勉強すればもう一方も習得している」などの状態にはならないので、初心者の方は注意が必要ですよ。

英語が不安なら、英語も学べる海外スクールを選ぶ

プログラミング 独学 無理

次に2つ目のポイントは、「英語が不安なら英語も学べるスクールを選ぶ」こと。

海外就職をするならプログラミングスキルと同じくらい英語のスキルも大事です。

そのため、英語に不安を感じている方はプログラミングとあわせて英語も学ぶことができるスクールに通うのがおすすめですよ。

プログラミングと英語を同時に学ぶことで、

・クライアントや取引先とスムーズにコミュニケーションがとれる
・現地の生活にストレスを感じにくくなる

といったメリットがあるので、ぜひ英語もあわせてマスターできるようにしましょう。

日本で学べるプログラミングスクール5選

この章では、日本で学ぶことができるプログラミングスクールを5つ厳選してご紹介していきます。

どのスクールにも転職に成功した数多くの卒業生がいる、という実績があり、エンジニアレベルのプログラミングスキルを身に着けることができますよ。

日本で学べるおすすめプログラミングスクール

  1. CodeCamp(コードキャンプ)
  2. TechAcademy(テックアカデミー)
  3. TechBoost(テックブースト)
  4. 侍エンジニア塾
  5. DMM WEBCAMP

※本プログラミングスクールは、海外就職に強いプログラミング言語の活用、カリキュラムの自由性、指導力の高さなど、総合的なポイントから厳選しています。

CodeCamp(コードキャンプ)

コードキャンプ 評判
入学金30,000円
受講料金398,000円〜
受講期間2ヶ月〜6ヶ月
学べる言語HTML、CSS、JavaScript、PHP、Ruby、Python、Javaなど

最後に紹介するおすすめのプログラミングスクールは、これまでに30,000名を超える受講者数を誇る「コードキャンプ」です。

コードキャンプは、オンラインでは日本で初のマンツーマン式を取り入れたプログラミングスクールで、2013年のリリースから人気をキープし続けており、今でも日本最大級のオンラインプログラミングスクールです。

また、ホリエモンこと堀江貴文氏も自身のツイッターでコードキャンプを絶賛したことでも話題になりました。そんなコードキャンプは、コースの数が豊富でその中でも初心者向けのコースが充実しており「Webマスターコース・デザインマスターコース・Javaマスターコース」などが初心者向けのコースとしてラインナップされています。

また、初めての方でも安心して利用を開始できるように無料体験レッスンも開催しているので、「まずはプログラミングに触れてみたい」という方はぜひ活用してみてください。

CodeCampの総合評価

CodeCamp(コードキャンプ)は最悪?悪い評判や転職先の口コミを調査

おすすめポイント

コードキャンプはマンツーマン授業制度を導入しているため、独学ではなく講師と一緒にプログラミング学習が進みます

料金も安いですし、教材は初心者・未経験者向けに作られており、学生や社会人、主婦の方にも人気のオンラインスクールです。

大手企業のIT研修にも使わているため信頼性も抜群。プログラミング言語もお好きなものを選ぶことができます。

気になるポイント

マンツーマン授業制度を導入していますが、講師は専属ではなく毎回バラバラです。そのため相性の良し悪しが生まれてしまいます。

また基本的にオンライン授業になるため、他のエンジニア友達や仲間を作ることは難しいです。

講師の方に直接教えてもらいながらも、ひとりでコツコツ勉強できる方におすすめです。

受講生の口コミや評判

コードキャンプ 評判
ランク総合評価
Sランク87点 / 100点
詳細採点
料金17点 / 20点
カリキュラム20点 / 20点
学習サポート18点 / 20点
信頼性18点 / 20点
就職・転職14点 / 20点
CodeCampの総合評価

CodeCamp(コードキャンプ)は最悪?悪い評判や転職先の口コミを調査

TechAcademy(テックアカデミー)

テックアカデミー 評判
入学金0円
受講料金139,000円〜
受講期間4週間〜16週間
学べる言語HTML、CSS、JavaScript、PHP、Ruby、Python、Javaなど

1つ目に紹介する初心者におすすめのプログラミングスクールは、14種類ものプログラミングを学ぶコースが用意されていることが魅力の「テックアカデミー」。

テックアカデミーでは、基本的なJavaコースはもちろん「iPhoneアプリコース・WordPressコース」など、ピンポイントで役に立つコースが充実しているのが特徴です。

また、プログラミング初心者の方向けに「はじめてのプログラミングコース」というコースも用意されているので、基礎からしっかりと学ぶことができますよ。

テックアカデミーでは無料体験も実施しているので、まずは無料体験を申し込んで雰囲気を確かめてみるのもおすすめです。

テックアカデミー 感想

【卒業生レビュー】テックアカデミーの感想&口コミ体験談|コース別料金まとめ

おすすめポイント

オンラインのプログラミングスクールなので、時間と場所に関係なく勉強できます。隙間時間に勉強できるから、通学や通勤時間が無駄になりません。

また料金が破格の値段で安く、卒業後も教材が使い放題なのが魅力です。教材は図や絵が多いため、初心者でも簡単に理解できます。

専属メンターと相談しながらWebアプリが作れるため、毎回達成感がありますし、確実にスキルアップできるためおすすめです。

気になるポイント

オンライン型のプログラミングスクールなので、質問や相談はWebチャットがメイン。直接コミュニケーションを取る機会は少ないです。

基本的にひとりで学習を進めるため、モチベーションの維持も難しく、エンジニア友達を作れないのもデメリット。

ひとりで勉強したくない、教室に通ってみんなで勉強したい人には合わないかもしれません。

受講生の口コミや評判

テックアカデミー 評判
ランク総合評価
SSランク91点 / 100点
詳細採点
料金19点 / 20点
カリキュラム20点 / 20点
学習サポート18点 / 20点
信頼性18点 / 20点
就職・転職16点 / 20点
テックアカデミー 感想

【卒業生レビュー】テックアカデミーの感想&口コミ体験談|コース別料金まとめ

TechBoost(テックブースト)

テックブースト 評判
入学金184,800円
受講料金29,800円
受講期間3ヶ月〜
学べる言語Ruby、PHP、HTML、CSS、JavaScript、AI、ブロックチェーンなど

3つ目に紹介する初心者におすすめのプログラミングスクールは、個人の目標に合わせてさまざまなプランが用意されていることが特徴の、「テックブースト」です。

テックブーストには「エンジニアへの就職、転職・フリーランスとして独立・起業を目指す・教養として学ぶ」など、個人の目標に合わせてオーダーメイドの最適なカリキュラムでプログラミングを学ぶことができます。

また、受講者の96%が未経験からのスタートなので、メンターもプログラミング初心者への教え方が上手く、口コミも良いものばかり。

さらに、テックブーストの指導者は全員が現役のエンジニアのため、間違った知識を覚える不安もないですよ。

テックブースト

【2020最新】TechBoost(テックブースト)の評判は良い?悪い?みんなの口コミ体験談

おすすめポイント

年齢制限がないため10代の学生から20代、30代、40代、50代の社会人まで受講可能です。また、運営会社が転職サイトやフリーランス案件サイトを運営しているため、卒業後もキャリア支援が受けられます。

未経験スタート率96%と過半数の受講生が初心者から開始。料金も安いため、大学生や主婦の方にも評価が高いです。

固定のカリキュラムがなく、ひとりひとりの目的に合わせたオリジナル教材を作成して勉強するため、無駄な作業は一切ありません。AIやブロックチェーンなどの最新情報を学べるのもテックブーストの魅力です

気になるポイント

料金が安い分、転職保証やフリーランス保証は付いていません。そのため成功を保証して欲しい方にはおすすめできません。

教室とオンライン通学に対応していますが、座席数に限りがあるため、教室に行っても座れないことがしばしば。卒業後にも教室が使い放題のためOBも多いです。

メンターや講師を選ぶことはできないため、根本的に合わない人もいるかもしれません。

受講生の口コミや評判

テックブースト 評判
ランク総合評価
Sランク87点 / 100点
詳細採点
料金19点 / 20点
カリキュラム20点 / 20点
学習サポート18点 / 20点
信頼性16点 / 20点
就職・転職14点 / 20点
テックブースト

【2020最新】TechBoost(テックブースト)の評判は良い?悪い?みんなの口コミ体験談

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾 評判
入学金29,800円
受講料金128,000円
受講期間4週間〜
学べる言語Python、Wordpress、Ruby、React.js、PHP、Node.js、Javaなど

次にご紹介するのは、転職成功率94.1%を誇るマンツーマンレッスン式のプログラミングスクール「侍エンジニア塾」です。

侍エンジニア塾は、日本初のマンツーマン式専門のプログラミング塾で、一人ひとりのペースに合わせて一歩ずつ確実にプログラミングが上達していくのが特徴。

また過去に受講した方のうち未経験で始めた方が90%なのにも関わらず、挫折率が8%という低さなので、最後までやり切れるか不安な方にもおすすめですよ。

侍エンジニア塾では無料体験レッスンを実施しているので、どんな流れや雰囲気でレッスンが進んでいくのか気になる方はぜひ申し込んでみてくださいね。

侍エンジニア塾 悪い評判

【邪魔?うざい?】侍エンジニア塾は最悪なのか?炎上理由や評判を調査!

おすすめポイント

実務経験3年以上の現役エンジニア講師がマンツーマンでプログラミングを教えてくれます。講師と相性が合わない場合は変更も可能。

オーダーメイドカリキュラムに対応しており、生徒一人ひとりに合わせた特別な教材、言語やフレームワーク設定の中で学びます。

資格を持ったプロのキャリアアドバイザーが対応してくれるため、転職成功率も94.1%と高いです。履歴書の添削や求人紹介も見てくれます

気になるポイント

過去にキャンペーンの景表法違反で炎上した実績があります。現在は問題ありませんが、過去が気になる方は要注意。

また洗練された学習環境ゆえに料金が高い傾向にあります。カリキュラム内容も古いと感じる方も多いようです。事前の無料体験受講は必須ですね。

2020年現在は、評判も回復傾向にあり通常運営がされています。最短1ヶ月でアプリ開発もできるため気になる方は無料体験からはじめましょう。

受講生の口コミや評判

侍エンジニア塾 評判
ランク総合評価
Bランク75点 / 100点
詳細採点
料金15点 / 20点
カリキュラム16点 / 20点
学習サポート16点 / 20点
信頼性14点 / 20点
就職・転職14点 / 20点

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMP 評判
入学金0円
受講料金628,000円
受講期間3ヶ月〜
学べる言語HTML、CSS、JavaScript、jQuery、Ruby、Ruby on Rails

2つ目にご紹介する転職に強いプログラミングスクールは、”未経験からITエンジニアへ”をコンセプトに多数の生徒をエンジニアへと転職させてきた「DMM WEBCAMP」です。

DMM WEBCAMPは、受講者の95%が未経験から始めているにもかかわらず、98%の転職成功率を実現している、信頼できるプログラミングスクールです。また全コースをオンラインでも受講できるので、人との接触をできるだけ避けたい方にもおすすめ。

そのほかにも、DMMグループならではの多種多様な求人情報を紹介してくれるので、有名企業に転職できるチャンスも少なくないですよ。

DMM WEBCAMP

【2020最新】DMM WEBCAMPに悪い評判はある?料金や就職先の口コミを徹底調査

おすすめポイント

業界最大手のプログラミングスクールのため信頼性&安全性は1番です。全コースオンライン対応済みなので、全国どこからでも受講できます。

就職・転職支援に強く、DMM経由の就職率は驚異の98%超え。3ヶ月の短期間でも業務に通じるプログラミングスキルが磨けます。

授業はマンツーマンですし、料金保証も充実。受講生の口コミ評判が高い人気スクールです。

気になるポイント

就職や転職に強いプログラミングスクールですが、30代以上の場合は受講ができません。

またDMMWEBCAMPの受講には「面談・タイピングテスト・実務テスト」の選考合格が必須です。

短期集中型のため、学習時間の確保ができない場合は挫折や失敗する可能性もあります。未経験でも本気で就職や転職したい方におすすめです

受講生の口コミや評判

DMM WEBCAMP 評判
ランク総合評価
SSランク930点 / 100点
詳細採点
料金15点 / 20点
カリキュラム18点 / 20点
学習サポート20点 / 20点
信頼性20点 / 20点
就職・転職20点 / 20点
DMM WEBCAMP

【2020最新】DMM WEBCAMPに悪い評判はある?料金や就職先の口コミを徹底調査

海外で学べるプログラミングスクール3選

前章では日本で学べるスクールをご紹介しましたが、この章では海外でプログラミングを学ぶことができるスクールを3つご紹介していきます。

先ほどもお伝えしたように、海外でプログラミングを学ぶことで英語のスキルも身に付きやすくなるので、海外就職を考えている方には一石二鳥ですよ。

海外で学べるおすすめプログラミングスクール

  1. セブ島IT留学 Kredo(クレド)
  2. NexSeed Seed Tech School (ネクシード・シードテックスクール)
  3. G’s CAMP CEBU(ジーズキャンプセブ)

セブ島IT留学 Kredo(クレド)

セブ島IT留学 Kredo(クレド)
入学金0円
受講料金102,000円〜
受講期間最低1週間〜
学べる言語HTML / CSS / PHP / Ruby / AIなど
教室の住所Central Bloc Corporate Center Tower 1 14th Floor Bloc, 10 W Geonzon St, Cebu City, 6000 Cebu, フィリピン
最寄り駅ITpark(バス停)
受講形式通学orオンライン

まず最初にご紹介するのは、セブ島で唯一政府の認可を得たIT×英語のカリキュラムの授業を受けることができるプログラミングスクール「セブ島IT留学 Kredo」です。

Kredoは3~5人の少人数グループでプログラミング授業が行われることが特徴で、学習に遅れることなく自分のレベルに合わせた授業を受けることができるんです。

またKredoには日本人スタッフも複数名常駐しているので、どうしてもわからないことやトラブルなどが起こった場合でも日本語でサポートしてくれる体制が整っています。

それに加え、校舎や宿泊施設はフィリピン政府がもっとも治安管理に力を入れている「ITパーク」という経済特区に位置しており、薬局やレストランなども多くあるため、安心かつ快適にIT留学をすることができますよ。

NexSeed Seed Tech School (ネクシード・シードテックスクール)

NexSeed Seed Tech School (ネクシード・シードテックスクール)
入学金0円
受講料金213,000円
受講期間3週間〜
学べる言語HTML / CSS / JavaScript / PHP / MySQL
教室の住所2 Quad, 12th Ave, Cebu City, Cebu, フィリピン
最寄り駅Insular Life Cebu Business Center(バス停)
受講形式通学orオンライン

次にご紹介するのは、”人生を変える12週間”をコンセプトに未経験からエンジニアになるためのカリキュラムが充実しているプログラミングスクール「NexSeed Seed Tech School」です。

Seed Tech Schoolはアジア初の英語×ITスクールで、卒業生はなんと世界15か国で活躍している実績がある、信頼できるスクール。

プログラミングの授業では、講師が日本人とフィリピン人の2人体制になっており、日本語と英語の両方でプログラミングを勉強することができるんです。

また英語の授業では、1日に3~4時間のマンツーマンレッスンの時間が設けられており、自分の英語レベルに合わせて効率よくレベルアップするための授業が受けられますよ。

G’s CAMP CEBU(ジーズキャンプセブ)

G’s CAMP CEBU(ジーズキャンプセブ)
入学金50,000円
受講料金290,000円
受講期間6ヶ月
学べる言語React.js/Vue.js/Nuxt.js /Swift&AR/Unity&VRなど
教室の住所FLB Corporate Center 11 Cebu Business Park Mabolo, Archbishop Reyes Avenue, Cebu City, 6000 Cebu, フィリピン
最寄り駅Pagibig Fund Cebu Office(バス停)
受講形式通学のみ

最後にご紹介するのは、合宿タイプの短期留学をすることができるプログラミングスクール「G’s CAMP CEBU」です。

G’s CAMP CEBUでは毎日のスケジュールが決まっており、「午前はプログラミング、午後は英語」といったように効率よく勉強をすることができますよ。

また4週間コースと12週間コースの2種類が用意されているため、到達したいレベルや留学に使える費用など、自分の目的や都合に合わせて留学の期間を決めることができるんです。

それに加え授業が終わったあとは、

・現地のIT企業への訪問
・シュノーケリングなどの海のアクティビティ
・キャニオニングなどの山のアクティビティ

といった楽しく過ごせる工夫もされており、セブ島ならではの留学ができるのも嬉しいポイントですよ。

海外就職するのに、IT留学は必須なのか?

前章では海外で学べるプログラミングスクールを紹介しましたが、「海外就職をするためにはIT留学が必須なの?」などと疑問に思う方もいるでしょう。

先に結論からお伝えすると、「IT留学した方がスムーズに海外就職できますが、必須ではない」です。

そこでこの章ではIT留学のメリットとデメリットを紹介していくので、自分にIT留学が必要かどうかの参考にしてみてくださいね。

IT留学の良いところと悪いところ

  1. IT留学のメリット
    1. 英語とプログラミングを同時に学ぶことができる
    2. 海外就職前に留学することで海外の環境に慣れる
  2. IT留学のデメリット
    1. 覚えることが大幅に増える
    2. 留学の資金がかかる

IT留学するメリット

IT留学をするメリットは以下の2つ。

・英語とプログラミングを同時に学ぶことができる
・海外就職前に留学することで海外の環境に慣れる

この記事内では何度もお伝えしていますが、英語とプログラミングを同時に学べるのはやはりIT留学の最大のメリットといえます。

英語ができるだけでエンジニアとして幅広く仕事ができるようになり、現地の人とコミュニケーションをとりながらプロジェクトを進めることができます。

またIT留学時に海外の環境に慣れておくことで、ストレスなく生活する基盤ができるため、エンジニアとしての仕事に集中できるといったことも大きなメリットですよ。

IT留学するデメリット

IT留学をするデメリットは以下の2つ。

・覚えることが大幅に増える
・留学の資金がかかる

海外就職をするときにいくら英語が必須のスキルとはいっても、プログラミングと英語を同時に学ぶことの負担の大きさはデメリットといえます。

最悪の場合、プログラミングと英語のどちらも中途半端になってしまうこともあり得るので、自分の性格ややる気次第ではIT留学をしない方が良いことも。

それに加えIT留学をするとなると、もちろん留学資金がかかります。

おおよその費用は1月あたり20万円程度と決して安くはない費用がかかるので、お金をかけずに海外就職を実現したい方にとってはIT留学はおすすめとは言えません。

プログラミング留学のおすすめ国

プログラミングに年齢が関係ない理由

前章ではIT留学のメリットとデメリットをご紹介しましたが、そのうえで、

「自分にはIT留学が合っている!」
「IT留学してみたい!」

といった方のために、この章ではプログラミング留学におすすめの国を3つご紹介していきますよ。

IT留学のおすすめ国

  1. アメリカ
  2. フィリピン(セブ島など)
  3. ヨーロッパ(イギリス・ドイツ)

アメリカ

まず1つ目のおすすめ国は「アメリカ」です。

というのもアメリカは世界の最先端技術が多く集まっていることから、質の高いプログラミングスキルが身につくことが期待できるため。

また、

・Google
・Amazon
・Facebook
・Microsoft

といった世界的に有名なIT企業が多いため、国全体としてITの意識が高いこともおすすめの理由ですよ。

フィリピン

2つ目のおすすめ国は「フィリピン」です。

この記事でもご紹介したように、フィリピンのとくにセブ島では多くのIT留学先があり、自分の目的にぴったり合ったスクールが見つけやすいんです。

また世界中から優秀なエンジニアが集まっていることもあり、就職した後でもさらにエンジニアとしてのレベルアップを期待できますよ。

それに加え、ほかの国に比べフィリピン留学は費用を安くすることができ、欧米諸国と比べると半分程度まで抑えることができることもおすすめできるポイントです。

ヨーロッパ(イギリス・ドイツなど)

最後に3つ目のおすすめ国は「ヨーロッパ」です。

ヨーロッパでは、

・イギリス
・ドイツ
・フランス

といった先進国を中心にIT技術者・IT会社が多く存在していることが特徴で、就職先が豊富にあるんです。

またIT技術者の増加率も高いことから、今後もIT業界が発展していくことが予想され、安定した就職を実現できることもおすすめのポイント。

まとめ

30代からプログラミングを学ぶ理由

今回はプログラミングでの海外就職について紹介・解説をしてきましたが、いかがでしたか?

最後にもう一度、海外就職に強いプログラミングスクールの選び方とおすすめのスクールをまとめます。

◇海外就職に強いプログラミングスクールの選び方

  • 「javaScript」「Python」「Java」などの海外で人気の高いプログラミング言語を学ぶことができるスクールを選ぶ
  • 英語に自信がない場合は、英語もあわせて勉強できるスクールを選ぶ

◇日本で学べるおすすめのスクール

  1. CodeCamp(コードキャンプ)
  2. TechAcademy(テックアカデミー)
  3. TechBoost(テックブースト)
  4. 侍エンジニア塾
  5. DMM WEBCAMP

◇海外で学べるおすすめのスクール

  1. セブ島IT留学 Kredo(クレド)
  2. NexSeed Seed Tech School (ネクシード・シードテックスクール)
  3. G’s CAMP CEBU(ジーズキャンプセブ)

ぜひこの記事を参考に海外就職のためのプログラミングをスムーズに学んで、夢の海外就職を実現させましょう!

この記事を今すぐSNSでシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

人気プログラミングスクール3選

【教養】TechAcademy(テックアカデミー)
テックアカデミー

プログラミング未経験の学生や社会人におすすめ。料金が安いだけでなく、教材やメンターの質が高く、未経験でも数週間でWebサイトの基礎から応用まで学べます!

今ならWEBサイトの基礎知識が身につく7日間の無料体験コースが開催中!期間限定のキャンペーン情報もあるため、教養目的の方は今すぐチェック!

【転職】TECH::CAMP(テックキャンプ)
テックエキスパート

未経験から最短でエンジニア就職・転職が目指せる大手プログラミングスクール。年齢制限もないため、30代・40代からでもプログラミングが学べます。料金は高いですが、サポート充実度は最高級。

今なら無料カウンセリングに参加するだけで受講料が20,000円割引に!毎回応募が殺到するため、就職・転職目的の方は今すぐチェック!

【無料】GEEKJOB(ギークジョブ)
geekjob

料金無料、最後まで0円で通学できる就職・転職支援型プログラミングスクール。1〜3ヶ月の短期間で未経験からプログラマーとして就職できるレベルまで成長可能。フリーターや第二新卒の方が多く受講しています。

就職や転職支援を受けながらも無料で通えるため超お得級。とにかく料金を抑えたい方は一度無料カウンセリングの受講がおすすめです!