【2020最新】Midworksの仲介手数料は10〜15%?平均と比較してどう?

Midworks 手数料

関東在住のエンジニア必見!正社員並みの保証が付いたフリーランスエージェント【Midworks】をご存知ですか?

Midworksは関東エリア限定のフリーランスエージェント。案件数が豊富で手数料が低いことで有名です。

今回はMidworksの手数料(10〜15%)に焦点を当てて利用メリットを解説しています。関東エリアのエンジニアなら登録必須ですよ。

この記事でわかること

・フリーランスエージェントの平均手数料は10〜40%
・Midworksの仲介手数料は10〜15%
・Midworksならクライアント単価も全て公開してくれる
・手数料の観点でエージェントを比較
・フリーランスエージェントは複数登録がおすすめ

【2020最新】フリーランスエージェント3社徹底比較!評判メリット5選

2018年12月6日

フリーランスエージェントの手数料平均は10〜40%

フリーランスエージェント 手数料

フリーランスエージェントを利用するメリットは、契約や交渉、営業が必要ないことです。

しかしデメリットとして仲介手数料をエージェントに取られることがあります。フリーランスエンジニアの皆さんは少しでもこの手数料を低くして、報酬を増やしたいですよね。

一般的なフリーランスエージェントの仲介手数料は10〜40%です。特に大手のレバテックフリーランスMidworksは手数料が低いので利用者も多いです。

知名度の低いエージェントだと手数料が30%を超えるところもあるので登録前に必ず確認しておきましょう。

手数料が低く人気のエージェントは複数登録がおすすめですこちらの記事でおすすめエージェント3社をご紹介しています。

Midworksの仲介手数料は10〜15%

Midworks 手数料

一般的なフリーランスエージェントの手数料が10〜40%に対して、Midworksの手数料は10〜15%と低マージンです。

さらにクライアント単価は全て公開してくれるので、実際どれだけの料金を手数料として取られたかを確認することができます。

多くのエージェントではクライアント単価を公開してくれないことが多いので、Midworksだけの嬉しい制度ですね。

Midworksの手数料は業界でもかなり安いことで有名です。手数料が低ければそれだけ収益をあげることができます。

「手数料が高くて困っている」「手数料が低いエージェントと契約したい」方はぜひMidworksを使ってみましょう。

手数料以外のメリットデメリットについては次の項目で説明します。

Midworksを利用するメリットデメリット

Midworks メリット

手数料以外にもMidworksの魅力はたくさんあります。ここでは、Midworksのメリットを5つ、デメリットを3つ紹介します

【メリット】

・正社員並みの保証がついてくる
・仲介手数料が業界でも低い
・クライアント単価を公開してくれる
・高単価の案件や短期案件も扱っている
・契約や面談に専属コンサルタントが同席してくれる

【デメリット】

・関東エリアの案件しか取り扱っていない
・未経験NG(1年以上の開発経験が必要)
・リモート案件がなくなった

Midworksを利用するメリット

Midworksが他エージェントと異なる点は、正社員並みの保証がついてくることでしょう

給与保証や福利厚生、保険半額など個人事業主の不安を解消する制度が揃っています。手数料も低く、案件数も多いので利用者が多いのも納得ですね。

また契約や面談に専属コンサルタントが同席してくれるのもMidworksの魅力です。交渉が苦手、営業が苦手な方でも安心して仕事の受注ができます。

Midworks 年収

同じフリーランスエンジニアでもMidworksを使うだけで年収が大幅に上がります

高単価の案件を扱っていることもそうですが、やはり手数料が10〜15%と低いので、より年収をあげやすい環境が整っていることもあるでしょう。

正社員と比較すると収益の幅は一目瞭然ですね。

Midworksを利用するデメリット

関東エリアの案件しか取り扱っていないことが残念ですね。地方案件も扱っていれば利用者はもっと伸びるでしょう。

またMidworksはエンジニア経験がない方の利用はお断りしています。プログラミングが未経験の方はまずプログラミングスクール に通いましょう。

以上がMidworksを利用するメリットデメリットでした。手数料が低いのはやはりMidworksの大きなメリットですね。関東在住のエンジニアはこの機会に登録しておきましょう

他のフリーランスエージェントを手数料で比較してみる

フリーランスエージェント 手数料 比較

Midworksの手数料が安いことはわかりましたか。ここでは手数料の観点から他エージェントと比較をしてみました。

フリーランスエージェントを手数料で選びたい方は参考にしてください。

レバテックフリーランス と手数料を比較

レバテックフリーランス は業界最大手のフリーランスエージェント。Midworkと掛け持ち利用がおすすめの人気エージェントです。

フリーランスエージェントは大手を選ぶのがお勧めです。案件や保証も整っていますし手数料も低いのが一般的です。

レバテックフリーランス の手数料は10〜20%

Midworksと同様かなり安い手数料です。関東エリア以外でも案件を持っているので、地方エンジニアにもお勧めです。

高単価業務が多く、年収をあげることに向いています。単価の高い案件をレバテックフリーランス。空いた時間をMidworksで仕事を探すのがお勧めの探し方ですね。

ギークスジョブと手数料を比較

ギークスジョブは地方案件を扱っているフリーランスエージェント。エンジニア業務に加えてデザイナー案件も扱っています。

豊富な案件数はもちろん、サポート体制も充実しています。15年以上愛されているサービスなので間違い無いでしょう。

ギークスジョブの手数料は10〜20%。Midworks同様安い手数料になっています。

業界大手のレバテックフリーランス 、低マージンのMidworks、サポート充実のギークスジョブを登録しておけば、とりあえず安心です。

フリーランスエージェントに悩んだら複数登録がおすすめ

フリーランスエージェント 登録

フリーランスエージェントは複数あり、どれが自分に合っているかもわかりませんよね。

実際に仕事をしてみないと手数料の実態や中身の制度も確認できないでしょう。なのでフリーランスエージェントは複数登録をお勧めします。

複数登録することで担当営業はあなたにコミットしてくれますし、期間によって業務を切り分けることもできます(高単価の業務はレバテックフリーランス、週2日の仕事はMidworksなど)

とはいえ「エージェントを複数登録するのは申し訳ない。。。」と考える方もいるかもしれません。

しかし効率よく働くならエージェントは利用するのが得策です。今回紹介したエージェントは全て無料で利用ができますし、無料登録で実際の業務確認も可能です。

まずは自分にできる仕事があるかどうかを確認するために、業務内容を調べてみましょう。

登録必須のフリーランスエージェント

■Midworks
正社員並みの保証がついた最強のフリーランスエージェント。手数料が安く案件が豊富。関東エリアのみ対応。評判が良い。
>> 無料登録はこちら記事はこちら

■レバテックフリーランス 
業界最大手のフリーランスエージェント。各エリアに対応しているので登録必須。案件数が豊富で単価が高いのが特徴。
>> 無料登録はこちら

■ギークスジョブ
業界最大級のフリーランスエージェント。各エリアに対応。稼働中エンジニアの85%が年収850万円以上。福利厚生サービスや学習支援が豊富。
>> 無料登録はこちら

関東在住ならMidworksは登録必須のエージェント

Midworks

いかがでしたか。今回はMidworksの手数料についてご紹介しました。

手数料が低いエージェントを使うのはフリーランスエンジニアの年収をあげるためにも必要不可欠です。複数登録をして、うまく仕事を進めていきましょう。

この記事をまとめると

・フリーランスエージェントの平均手数料は10〜40%
・Midworksの仲介手数料は10〜15%
・Midworksならクライアント単価も全て公開してくれる
・手数料の観点でエージェントを比較
・フリーランスエージェントは複数登録がおすすめ

無料登録をすれば、自由に案件が探せるのでこの機会にぜひ確認してみましょう。

 

\1分で簡単登録/

 

 

 

この記事を今すぐSNSでシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。