ギークスジョブとレバテックの違いを比較【どっちがおすすめか一目でわかる】

ギークスジョブ レバテックフリーランス

業界最大級、地方案件が豊富なギークスジョブ。業界最大手、高単価案件が豊富なレバテックフリーランス。フリーランスエンジニアならエージェント選びで悩むことも多いでしょう。

結論を言いますと、関東在住ならレバテックフリーランス 、地方在住(大阪、名古屋、福岡)ならギークスジョブがお勧めです。

高単価案件数や手数料、支払いサイトに差はほとんどありません。大きく違うのは案件地域と言っても過言ではないでしょう。

今回は、ギークスジョブとレバテックフリーランスの違いを徹底比較してみました。この記事を読めばあなたが最初に登録するべきエージェントがわかります。

この記事を要約すると

・地方案件ならギークスジョブ
・関東案件ならレバテックフリーランス
・手数料や高単価案件数はどちらも同レベル

【2020最新】フリーランスエージェント3社徹底比較!評判メリット5選

2018年12月6日

ギークスジョブとレバテックフリーランスの特徴を理解

ギークスジョブ レバテック 比較

単刀直入に言います。関東在住ならレバテックフリーランス 。大阪、名古屋、福岡在住ならギークスジョブを使いましょう。

レバテックフリーランスは関東勤務が条件になりますし、ギークスジョブは東京、大阪、名古屋、福岡のいずれかのオフィスに来社が必要になります。

いやいや私は在宅リモートで働きたいという方は、ギークスジョブでもレバテックフリーランス でもなくMidworksを使いましょう。

ギークスジョブの魅力

ギークスジョブ
肩書き業界最大級エージェント
料金無料
エリア東京、大阪、名古屋、福岡
案件数6,000件
手数料10% – 20%
支払いサイト一律25日
特徴福利厚生 / 学習支援

ギークスジョブは、12,000人以上の登録者を誇る最大級のフリーランスエージェントです。

利用者の85%が年収850万円以上プレイヤーで、高単価案件と手数料の低さが大きな特徴です。

最大のメリットは「関東だけでなく地方案件を扱っていること」大阪、名古屋、福岡に拠点があるので説明会や商談の参加がしやすいです。

地方に住んでいる方はギークスジョブが一番魅力的なエージェントだと思います。

営業代行、書類作成代行、契約後のフォローアップはもちろん、確定申告支援や勉強会への参加、副業支援などフリーランスをサポートする体制も整っています。

無料登録をして説明会に参加するだけで、案件紹介からクライアント商談までスムーズに進みます。無料説明会は東京、大阪、名古屋、福岡のオフィス来社が必要になります(アクセスはこちら

地方在住で年収アップ、働きやすい環境で仕事をするなら絶対にギークスジョブがおすすめです

レバテックフリーランスの魅力

レバテックフリーランス
肩書き業界最大手エージェント
料金無料
エリア東京
案件数1,000件
手数料10% – 20%
支払いサイト一律15日
特徴高単価案件が豊富

レバテックフリーランスは、業界最大手のフリーランスエージェントです。関東のITベンチャー企業案件に強く、高単価な案件を扱っていることで有名です。

エンジニアの年収は全国平均で800万円以上、20代で1,000万円を稼ぐエンジニアもたくさんいらっしゃいます

手数料はギークスジョブ同様10-20%で業界平均と言えるでしょう。支払いサイトは15日と最短です。関東エリアの案件に強いので関東在住のエンジニアはギークスジョブよりレバテックフリーランス の方が使いやすいでしょう。

現場情報や案件内容、顔合わせ当日まで専門のコーディネータが全て対応してくれます。準備に時間が取られることがないのでフリーランスエンジニアとしても安心です。

そのほかにも、宿泊施設やスポーツクラブ、映画館の優待チケット特典など参画者限定の優待サービスも充実。フォロー体制の部分でかなり評判が良いので特徴です。

地方エンジニアにギークスジョブがお勧めなように、関東エンジニアにはレバテックフリーランスをおすすめします。

ギークスジョブのメリットデメリット

ギークスジョブ メリットデメリット

地方エンジニアにお勧めするギークスジョブには、メリットが4つ、デメリットが2つあります

【メリット】

・大阪、名古屋、福岡の案件がある
・手数料は10 – 20%と低い
・フォローアップ体制が整っている
・業界最大級・案件紹介から交渉までがスムーズ

【デメリット】

・支払いサイトは25日と比較的遅い
・申し込みの入力欄が多い

ギークスジョブの1番のメリットはやはり地方案件が豊富なことでしょう。地方案件=低単価のイメージが強いですが、ギークスジョブで扱っている業務は高単価が多いので地方エンジニアにとって革命です。

手数料も一般的なエージェントより低いので、より収益を上げやすくなっています。特にフォローアップの部分が充実しれいるので契約、交渉、業務まで徹底サポートしてくれます

しかし支払いサイトが25日(翌月25日振込)なので振込日まで少し時間を要します。さらに無料登録の申込みに時間がかかるのもデメリットと言えるでしょう。

▼無料エントリー画面▼

ギークスジョブ 申し込み

任意項目は後から編集できるので、まず必須項目を入力して無料エントリーしましょう。名前とアドレス、勤務希望地だけなので60秒で終わりました。

レバテックフリーランスのメリットデメリット

レバテックフリーランス メリットデメリット

関東エンジニアにお勧めするレバテックフリーランスのメリットは4つ、デメリットは1つあります。

【メリット】

・ITベンチャー企業案件に強い
・高単価案件を複数取り扱っている
・案件獲得から現場配属までの流れがスムーズ
・フォロー体制が整っており評判が良い

【デメリット】

・地方案件が少ない

関東エリアに強いので、関東エンジニアの評判は抜群に良いです。高単価案件に低い手数料、徹底的なフォローアップなどあらゆる面でフリーランスエンジニアを支援してくれます。

言語や職種、業界などから仕事を探すことも出来るので、比較的やりたい仕事が見つかりやすいのも特徴です。

ギークスジョブと比べて地方案件が少ないのがデメリットではありますが、その分関東エリアの案件数は多いので関東エンジニアにおすすめします。

どう違う?ギークスジョブとレバテックフリーランスを比較

ギークスジョブ レバテック

ここまでギークスジョブとレバテックフリーランス の違いを解説してきました。ギークスジョブは地方案件に強い。レバテックフリーランスは関東案件に強いのが大きな違いです。

ここではもう少し細かい視点でギークスジョブとレバテックフリーランス を比較してみましょう。まずは比較表をご覧ください

 – 比較表 –

ギークスジョブレバテックフリーランス
料金無料無料
エリア地方に強い関東に強い
手数料10 – 20%10 – 20%
支払いサイト25日15日
高単価案件多い多い

大きく異なる点は「地方に強い」か「関東に強い」かですね。手数料や高単価案件数はあまり変わらないでしょう。

支払いサイトはレバテックフリーランスの方が短く利便性に優れています。

結論:地方在住なら「ギークスジョブ」関東在住なら「レバテックフリーランス 」がおすすめです。

まとめ!関東ならレバテック地方ならギークスジョブ

ギークスジョブ レバテックフリーランス

いかがでしたか。今回はギークスジョブとレバテックフリーランスの徹底比較についてご紹介しました。

結論は、関東在住ならレバテックフリーランス 、地方在住(大阪、名古屋、福岡)ならギークスジョブがお勧めです。

フリーランスエージェントは複数登録がおすすめ

そもそもフリーランスエージェントは1つに絞る必要はありません。エージェントに申し込みをしてみて自分に合わないと感じたら別エージェントに乗り換えることも十分可能です。

乗り換えなくても、複数登録をして仕事をするフリーランスの方は大勢いらっしゃいます。最低でも2.3個登録している方が多い印象です。

初めの一歩はギークスジョブ、レバテックフリーランス を選び、慣れてきたら複数登録をして案件獲得の幅を広げていきましょう。もちろん最初から複数登録しても問題ないですよ。

 

 

この記事を今すぐSNSでシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。