【2020最新】フリーランスエージェント3社徹底比較!評判メリット5選

当サイト人気エージェントBEST3

1位:Midworks
正社員並みの保証がついた最強のフリーランスエージェント。手数料が安く案件が豊富。関東エリアのみ対応。
>> 無料登録はこちら

2位:レバテックフリーランス 
業界最大手のフリーランスエージェント。各エリアに対応しているので登録必須。案件数が豊富で単価が高いのが特徴。
>> 無料登録はこちら

3位:ギークスジョブ
業界最大級のフリーランスエージェント。各エリアに対応。稼働中エンジニアの85%が年収850万円以上。福利厚生サービスや学習支援が豊富。
>> 無料登録はこちら

自分に合ったフリーランスエージェントを探したいけれど、比較するフリーランスエージェントが沢山ありどのエージェントを使うのがベストなのか困ることも多いでしょう

今回は、フリーランスエージェントを利用するメリットデメリットや、おすすめのフリーランスエージェントを3社ピックアップしてご紹介します。

これを読めばスムーズに、フリーランスエージェント探しができるでしょう

この記事の内容

・フリーランスエンジニアならエージェント登録は必要不可欠
・フリーランスエージェントは複数ある。目的に合ったエージェントを選ぶ
・評判の良いフリーランスエージェントはどこ。おすすめ3社を徹底比較
・フリーランスエージェントは複数登録がおすすめ。まずは気軽に無料登録

フリーランスエージェントはエンジニアに必要不可欠なもの

フリーランスエージェント

多くの案件から自分にあった仕事を効率よく見つけるためには、フリーランスエージェントを利用するのがお勧めです。

本来であれば、エージェントを介さずに自分で直接企業に営業をかけた方が報酬面のメリットは大きいです。

しかしエンジニアが個人で企業を探し、営業をかけるのはかなり非効率です。それなら多少手数料が取られてもエージェント経由で仕事をする方が効率的です。

フリーランスエンジニアが増えてきた現代においては、フリーランスエージェントを使って仕事を探すことが一般的になりつつあります。

フリーランスエージェントを利用することで、自分の条件にあった仕事を簡単にピックアップできるだけでなく、空き日程や休日などの時間を使って仕事を見つけることも可能です。

エージェントは適当に選ぶと大きな手数料を取られることもあるので注意しましょう。今回ご紹介するMidworksレバテックフリーランスは業界内でもかなり低い手数料を誇っています。

フリーランスエージェントは大手サイトを選んでおくと間違いないでしょう。

フリーランスエージェントを利用するメリットデメリット

フリーランスエージェント メリットデメリット

フリーランスエージェントを利用するメリットは5つ、デメリットは3つあります

【メリット】

・案件獲得が容易
・高単価業務に携われる
・面倒な交渉や契約をする必要がない
・業務だけに集中できる
・高収入を得やすい

【デメリット】

・手数料が取られる
・エリアが限られる
・支払い日が異なる

メリット、デメリットについてそれぞれ具体的に見ていきましょう

フリーランスエージェントを利用するメリット

自分で営業をかけることなく仕事が見つけられるのが、フリーランスエージェントを使う大きなメリットです。

なかには高単価の案件を扱うエージェントも複数あるので、年収をあげる1番の近道になるでしょう。

また、フリーランスエージェントは複数登録しておくと便利です。単価や期日で仕事を幅広く選ぶことができるので、少なくとも2.3つは登録しておきましょう

フリーランスエージェントの利用はもちろん無料ですし、エージェントによっては給与保証などの制度も整っています。一度も登録したことが無い方はこの機会にぜひ登録してみましょう。

フリーランスエージェントを利用するデメリット

フリーランスエージェントを利用するデメリットは手数料が取られることです。エージェントにより割合は異なりますが、10%〜40%ほど手数料が取られます。

フリーランスエージェントは手数料以上にメリットが大きいので、出来るだけ安いエージェントを使うことをお勧めします。

今回ご紹介するレバテックフリーランスMidworksは業界でもかなり低い手数料を誇っています。この2サイトを登録しておけば間違いないでしょう。

またエージェントによって対応エリアと支払い期日が異なります。比較的関東エリアが多い印象ですが、ここ最近地方の仕事も増えています。

支払い期日は報酬が振り込まれる期日になりますので、エージェント比較の際は必ず確認しておきましょう。

以上がフリーランスエージェントを利用するメリット、デメリットです。

フリーランスエージェント3社徹底比較!おすすめ順に紹介

フリーランスエージェント 比較

ここでは、おすすめ順にフリーランスエージェントを3社ご紹介します。手数料や月額単価、案件情報など、特徴が一目でわかるようになっています。

紹介する3社は次のとおりです(おすすめ順)

■Midworks ← イチオシ
正社員並みの保証がついた最強のフリーランスエージェント。手数料が安く案件が豊富。関東エリアのみ対応
>> 無料登録はこちら

■レバテックフリーランス 
業界最大手のフリーランスエージェント。各エリアに対応しているので登録必須。案件数が豊富で単価が高いのが特徴。
>> 無料登録はこちら

■ギークスジョブ
業界最大級のフリーランスエージェント。各エリアに対応。稼働中エンジニアの85%が年収850万円以上。福利厚生サービスや学習支援が豊富。
>> 無料登録はこちら

Midworks

Midworks
肩書き当サイト人気No.1エージェント
料金無料
エリア関東エリア
案件数3,000件
手数料10% – 15%
支払いサイト一律20日
特徴給与保証 / 福利厚生 / 保険半額

Midworksは当サイト人気No.1のフリーランスエージェントです。案件ボリュームが多いことはもちろん、手数料も低く、支払い期日も20日と短く評判が良いです。

Midworksの大きなメリットは、正社員並みの保証がつくこと。給与保証や保険半額、福利厚生など、エンジニア業務以外の支援が充実しています。

週2日の短期案件も多く、スキルや地域で業務を探すことができます。最近ではCMも始まりました。

関東エリアのみ対応しているので、近くにお住いの方は登録しておいて損はないでしょう。まずは無料登録で仕事を探して見ましょう

Midworks

【2020最新】Midworksの評判・口コミは?【他エージェントと徹底比較】

2018年12月8日

レバテックフリーランス※登録必須

レバテックフリーランス
肩書き業界最大手エージェント
料金無料
エリア各エリア対応
案件数1,000件
手数料10% – 20%
支払いサイト一律15日
特徴高単価案件が豊富

レバテックフリーランス は業界最大手のフリーランスエージェントです。エンジニアなら絶対に登録しておくべきサイトです。

関東のITベンチャー企業案件に強く、高単価な業務を扱っていることが有名です。エンジニアの年収は全国平均で800万円以上、20代で1,000万円を稼ぐエンジニアもたくさんいらっしゃいます。

フリーランスエージェントは規模が大きいほど使いやすいです。レバテックフリーランスは業界最大手。案件数もエリア対応も豊富なので初めてのエージェント登録にはかなり向いています。

支払い期日も15日と業界最速、手数料も10%-20%と低いので登録を済ませておきましょう

案件紹介から現場参画までの流れが早いので、すぐに働き始めることもできます。サポートが充実している点もレバテックフリーランス の強みではないでしょうか。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは未経験でも利用できるのか?利用メリット徹底解説

2018年12月12日

ギークスジョブ

ギークスジョブ
肩書き業界最大級エージェント
料金無料
エリア各エリア対応
案件数6,000件
手数料10% – 20%
支払いサイト一律25日
特徴福利厚生 / 学習支援

ギークスジョブは、6,000件以上の案件を保有する業界最大級のエージェントです。利用者の85%が年収850万円以上と高単価の業務も扱っています。

関東だけでなく地方でも高単価案件を扱っているのが特徴で案件数も豊富です。

支払い期日は25日と少し遅いですが、手数料は10-20%と低いです。

エージェント機能だけでなく、福利厚生やエンジニアのための学習支援制度まで準備されています。

複数登録の1つとして利用してみることをお勧めします。

ギークスジョブ

【2020最新】ギークスジョブの評判・口コミは?【他エージェントと徹底比較】

2018年12月9日

フリーランスエージェントは複数登録がおすすめ

フリーランスエージェント 評判

登録するエージェントを1つに絞る方も多いですが、フリーランスエージェントは複数登録をお勧めします。

特にはじめての方は複数登録でエージェント依頼をしておくと安心です。各エージェントの担当者が負けじと仕事を探してくれます。

初心者向けのMidworks、最大手のレバテックフリーランスは登録必須ですね。高単価の案件を探すようにギークスジョブの登録も済ませておくと良いでしょう。

複数登録するメリットとデメリット

フリーランスエージェントを複数登録するメリットは3つ、デメリットは1つです。

【メリット】

・幅広く案件を探すことができる
・収益源が分散される
・担当者が動いてくれる

【デメリット】

・管理が煩雑になる

複数のフリーランスエージェントを持つことで幅広く案件を見つけられるのが大きなメリットではないでしょうか。

複数登録をすることで、現場担当者が動いてくれたり、収益源が分散されたりのメリットもあります。

しかし複数をまたぐことで給与管理や業務管理が煩雑になることもあります。利用の際は自分の工数や仕事内容、管理体制も考えておくと良いでしょう。

以上がフリーランスエージェントを複数登録するメリット、デメリットでした。

登録しておいて間違いないフリーランスエージェント

フリーランスエージェント

初めてのエージェント登録で分からないことが多い方は、まずこの3サイトを登録しておきましょう。

登録必須のフリーランスエージェント

■Midworks
正社員並みの保証がついた最強のフリーランスエージェント。手数料が安く案件が豊富。関東エリアのみ対応。評判が良い。
>> 無料登録はこちら記事はこちら

■レバテックフリーランス 
業界最大手のフリーランスエージェント。各エリアに対応しているので登録必須。案件数が豊富で単価が高いのが特徴。
>> 無料登録はこちら

■ギークスジョブ
業界最大級のフリーランスエージェント。各エリアに対応。稼働中エンジニアの85%が年収850万円以上。福利厚生サービスや学習支援が豊富。
>> 無料登録はこちら

まとめ

フリーランスエージェント お勧め

いかがでしたか。今回はフリーランスエージェントの3社比較をご紹介しました。

要点をまとめると

・フリーランスエンジニアならエージェント登録は必要不可欠
・フリーランスエージェントは複数ある。目的に合ったエージェントを選ぶ
・評判の良いフリーランスエージェントを徹底比較。3社登録がお勧め
・フリーランスエージェントは複数登録がおすすめ。まずは気軽に無料登録

この記事を参考に、自分にあったフリーランスエージェントを見つけましょう

この記事を今すぐSNSでシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。